エントリー

2018年09月の記事は以下のとおりです。

成長

先日実家のほうへ帰りました。最近は理由がないと実家まで帰らないことが多々あります。

なぜなら、実家といいましても、とても田舎でなにもすることがなく、3日いたら飽きてしまうのです……。

下の写真の通り、とにかく見渡す限りの田園風景が私の自慢です。

画像1

そこで今回の目的は、私の甥が来年小学校に入学するということで、ランドセルを買ってあげること!

甥も東京に住んでますので、東京で購入しても良いのですが、甥にとっての祖父・祖母も一緒に選びたいという事で帰りました。

しかし、そこは田舎なので、ランドセルを買うとなると遠出することに。そして田舎といえば、イオンへ……。

実家に帰ると毎日イオンにいる生活になります。

画像2

私の時のランドセルの値段をだいたい知っていて、20,000円程度だとわかっていたので、まあそれくらいだろう、と思っていたら、ランドセルコーナーにそんな商品はなく、また、今は色々と条件があって、A4フラットファイルが入らないとダメなようで。

画像3

せっかく買うんだから、気に入ったものを買ってあげようということで、男の子が大好きなスポーツメーカーのランドセルにしました!なんと70,000円!

きっと6年生くらいになるとランドセルは背負わなくなりますが、小学校に入学してランドセルを背負うという甥の成長が一番ですね!

画像4

*こちらの写真はイオン様のホームページからお借りしました。

さて、だいぶ秋になってきてゴルフシーズン真っ只中という感じになってきました!

最新モデルグリーンオン『ザ・ゴルフウォッチ プレミアムⅡ』も好評を頂いております。ぜひご検討ください!

バナー
⇒『ザ・ゴルフウォッチ プレミアムⅡ』の詳細はこちら

"建設中ビル" 巡り

9月も半ばを過ぎ、やっと過ごしやすくなってきましたが、弊社のように決算が迫り秋を楽しむ余裕が出ない方もいらっしゃるでしょうか……。

かく言う私もあれやこれやとバタバタしており、心も体も疲れてきたので、癒しを求めにまたまた『建設中ビル』を見に行ってきました(笑)。

人には様々な癒しポイントがあると思うのですが、私の場合『海』と『建設中ビル』です。

世の中には逆に朽ち果てた建物が好きな『廃墟マニア』なる方々がいらっしゃるらしいのですが、田舎者の私は廃墟など日常茶飯事。まったく萌えません。

どちらかと言うと、コンクリートや鉄骨が組みがって行く過程に大変心動かされるわけです。(しかも見上げるほど大きい建物なら尚◎)

以前は東京駅周辺が建設ラッシュだったのですが、今は原宿~渋谷が再開発中。

という事で、表参道下車し都会ど真ん中をぷらぷらと散歩してきました。

画像1

画像2

*こちらの写真は日本の旅様からお借りしました。

『建設中ビル』とは少し違いますが、下車間もなくが『表参道ヒルズ』。 私がよく遊びに行っていた時は『同潤会アパート』と言う崩れ落ちそうな味のあるアパート群でしたが、今では端に面影を残すのみ。

もしかしたら、もう知らない方もいるかもしれません。懐かしいです……。

さて、20年前に思いを馳せながら今日のメインへ向かいます。見えてきました建設現場!

特に外壁をくみ上げる前が大変素晴らしく、空の色や緑、都市の中にぽっかりできた空間に突然現れる鉄骨がたまりません。

画像3

画像4

さらに、今回の目的地『渋谷PARCO』の跡地では、工事仮囲いを「アートウォール」として展開しており、コラージュ作品はなんと80年代を……いや、日本を代表する漫画『AKIRA』なのであります!!

……知らない方も多いところでなんですが、漫画の世界観と建設現場の雰囲気がかなり酷似しているのでファンとしては涙垂れ流しの瞬間でした。

画像5

画像6

到着から1時間。ただの工事現場で一人盛り上がる私を、そろそろ家族が心配し始めたので後ろ髪をひかれつつ帰路へ。

帰り道の渋谷駅でパシャリと一枚。『東急東横線』の跡地もついでに拝んでおきました。

画像7

東京オリンピックへ向けて建設ラッシュの東京はまだまだ楽しめそうです!

さて、東京に負けず劣らず進化や成長をしている『ザ・ゴルフウォッチ』シリーズですが、最初から変わらない事もございます。

それは、簡単な操作性。各機種に簡単操作ガイド『初めてのゴルフウォッチ』も用意しておりますので、是非ご確認ください

 ⇒『初めてのゴルフウォッチ』はこちらからご覧いただけます

クリエイティブシンキング

先日、横浜市にあるカップヌードルミュージアムに行ってきました。

館内には好きな具材を入れてオリジナルのカップヌードルを作れるコーナーや、カップヌードルの歴史に触れられる博物館のコーナー、イートインのスペース等があります。

画像1

まず最初にオリジナルカップヌードルを作るべく向かったのは、マイカップヌードルファクトリー!

画像2

自販機でマイカップを購入。

画像3

カップに自由に絵を描いてから移動。

画像4

麺が流れてきます!

12種類の具材の中から4つのトッピングを選べます。

画像5

味の組み合わせは、なんと合計5,460通りもあるとか……。

私は年間パスポートを作ったので、トッピングが5つ選べます。笑

画像6

最初に4種類の中から麺の味を選びます。

そして、迷いながらもトッピングを5つ選択!

画像7

今回は謎肉・エビ謎肉・ひよこちゃんナルト・エビ・ネギの5種類にしました。

パッケージングの工程を見て、

画像8

完成しました! お湯を入れるのが楽しみです!

イートインコーナーでは、世界の麺料理が食べられます。

画像9

この辺は冒険できず。

画像10

気になる謎肉丼……。

画像11

謎肉丼は謎に美味しかったです!

お腹いっぱいになった後は、博物館スペースへ。

画像12

見たことがないようなラーメンから、見覚えのある懐かしいものまで……。

画像13

これだけ並ぶと壮観ですね!

創業者の安藤百福氏の生涯を辿るムービーを見た後は、

画像14

ウォークスルーしながら歴史を学びます。

世界初の即席ラーメンを考えた安藤百福氏の考え方の軸に、クリエイティブシンキングボックスというものがありました。

画像15

・まだ無いものを見つける

・なんでもヒントにする

・アイデアを育てる

・タテ・ヨコ・ナナメから見る

・常識にとらわれない

・あきらめない

6つの軸、その1つ1つのキーワードを、子供にもわかりやすい仕掛けで伝えていました。

身の回りに転がっている色々なものを、色々な視点と解釈で考えを巡らせていく。

仕事に限らず、生活する上でも大事なことだなと思い、大変刺激を受けました。

画像16

グリーンオンも、新しいアイデアをどんどん実現していけるよう、頑張っていきたいと思います!

私の好きな "プレミアムII 時計デザイン" ランキング

「ザ・ゴルフウォッチ プレミアムII」はこれまでのゴルフウォッチシリーズ通り、アナログ時計画面のデザインを変更できるようになっております。

デザイン数は過去最高の40種類以上をとりそろえており、今回は独断と偏見で私が好きなデザインベスト3をご紹介したいと思います。

第3位 時計デザイン(026)

画像1

全体が黒を基調として中央に緑を配色し、かつ時分秒の情報も組み込んだバランスの良さがポイントです。

第2位 時計デザイン(039)

画像2

これぞゴルフ用ウォッチと誰が見てもわかるシンプルかつ強い主張を放つデザインで、左上にあるゴルフボールがシンプルさを崩さないアクセントが聞いているところが好みです。

第1位 時計デザイン(036)

画像3

実際に歯車は動きませんが、高級時計内部のムーブメントを模したシステマチックさが男の心を強く揺さぶり、アナログ一直線なデザインに見とれてしまいます。

他にも楽しい・きれい・見やすい色々なデザインがありますので、デザインを更新されたことのない方はアプリからの更新が簡単に行えますので一度お試しください。

GREENONアプリ詳細ページ
⇒スマートフォンアプリ『GREENON』の詳細はこちら

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1


ユーティリティ











2018年09月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

リンク

新着画像

新着エントリー

百里基地航空祭
2018/12/12 16:05
ゴルフ日本シリーズJTカップ
2018/12/05 10:00
グリーンオンアプリ
2018/11/28 16:07
犬の散歩
2018/11/21 10:00
今年最後のバラの花
2018/11/14 10:00

Feed