エントリー

2018年05月の記事は以下のとおりです。

古墳に大興奮

私の地元群馬県には、旧石器時代の証明となった岩宿遺跡など、古来から人類が生活してきた遺跡があります。

遺跡として有名なのは古墳等が挙げられますが、今回は高崎にある保渡田古墳群に行ってきました。

画像1

保渡田古墳群は榛名山の南麓に分布しており、主に二子山古墳・八幡塚古墳・薬師塚古墳の三基の大型前方後円墳が残っています。

画像2

その中でも八幡塚古墳は古墳当時の復元作業が行われており、埴輪群が出土した位置そのままで置かれていますので、1500年前の生活様式や世俗を伺える状態になっています。

画像3

古墳内部にも入ることができ、発掘されたままの石棺を見ることができます。

GW中の暑い中でしたが、一定の温度が保たれるようにされており、ヒンヤリした空間でじっくりと観察できることができました。

画像4

 

 


 

すでに『ザ・ゴルフウォッチ A1』をお持ちのお客様は新しいファームウェアに更新されましたでしょうか。

現在の最新版ファームウェアでは、お客様からのご要望の多かったオールインワン画面にも飛距離を表示できる機能が追加されております。

更新はパソコンでも行えますが、スマートフォンアプリから行っていただくとより簡単便利になっておりますので、ぜひアプリからの更新をお試しください。

GREENONアプリ詳細ページ

森の中へ

新緑の候、日差しが厳しくなってきた今日この頃、皆様、いかがお過ごしでしょうか。

先日、MASA本社の近くにある椙森(すぎのもり)神社で、大祭が行われ、 5/19(金)には御神輿が練り歩きました。

画像1

椙森神社は平安時代から歴史に登場する由緒ある神社で、現在は日本橋七福神の 一つとして信仰されています。

現在は周りにビルが立ち並んでいますが、名前からするとこの神社ができたころは この辺は緑豊かな木々に囲まれた森だったのかもしれません。

週末は森つながり(?)で、千葉市にある『椿森KOMUNA』へ行ってきました。

千葉公園のすぐ近くの住宅街の一角にあります。

画像2

階段を上がっていくと、中には健康志向のカフェスペースやイベントスペースがあり、季節に合わせたワークショップも行われるそうです。

ハンモックも設置されていて、ゆったりとした時間が流れ、ちょっとしたアウトドア気分を味わえます。

画像3

画像4

お目当てはこれ!ツリーハウスです!

秘密基地や隠れ家っぽい雰囲気に、なんだかとにかくワクワクします。

画像5

上っていくと……

画像6

中は広くはありませんが、窓を開けると解放感があります。

外の緑がとても気持ちいいです。

画像7

画像8

もう1棟のツリーハウスにも上りました。

画像9

こちらの方は扉が床にあり、中には枝が通っていて隠れ家的雰囲気がより強いです。

画像10

画像11

カフェスペースで飲食しつつ、ゆったりとした時間を過ごして存分にリフレッシュしました。

ツリーハウスは他にも色々な場所にあり、中には宿泊できるところもありますので、あちこち行ってみようと思います。

 


 

『ザ・ゴルフウォッチA1』には、アウトドアで便利なコンパス機能、GPSロガー機能、歩数計機能があり、他にも月齢表示や日の出/日の入時刻もご確認頂けます。

画像12

たまにはゴルフではなく、お手軽にアウトドアをお楽しみ頂いてはいかがでしょうか。

『ザ・ゴルフウォッチ A1』、絶賛発売中です!

バナー

⇒『ザ・ゴルフウォッチ A1』詳細はこちらから

A1のGPSロガー機能

A1はゴルフ距離計以外に時計機能はもちろんのこと、歩数計、コンパスやGPSロガー機能があります。

その中でもGPSロガー機能は単に位置を記録するだけでなく、移動ルートを簡易描画できるので自分が現在どの場所にいるのかが分かります。

今までに訪れたことのない場所に行って道に迷ったり、広い駐車場に車を止めて駐車場所がわからなくなったりしたことはありませんか?

このようなときでも、A1のGPSロガー機能を利用すれば、元の場所に戻ることができます。

ロガーを選んでログを開始します。

画像1

ロガー画面をページキーで切替えてルート表示画面にすると移動ルートが表示されます。

GPSが受信されるとスタート地点(水色のポイント)が表示されます。

画像2

移動を始めると黄色のルート線と現在地(赤色のポイント)が表示されます。

画像3

不案内な場所や駐車場などで移動する前にロガーモードを開始すると、GPSを受信してスタート地点が記録されますので、その後どこに移動しても赤色のポイントが水色のポイントに近づけばスタート地点に戻って来られるということになります。

画像4

方角はルート画面上方が北になります。現在地で方角がわからなくなった場合はコンパス画面に切替えて確認をすればどの方向に進めばよいかわかります。

画像5

上図の例だと東方向にもう少し進めばスタート地点に戻ることができます。

意外に便利なので試してみてはいかがでしょうか?

簡単!スマホでデータ更新

近頃、グリーンオンではデータ更新についてのお問い合わせを多く頂戴しております。

久しぶりに使用したグリーンオンの表示距離が違う、ホームコースで改修があった……こんな時は是非コースデータの更新をお試しください。

本日は『ザ・ゴルフウォッチ プレミアム』『ザ・ゴルフウォッチ A1』で対応しております、スマートフォンアプリを使用したデータ更新についてご紹介いたします。

この方法をご利用いただければ、パソコンが苦手な方でも、プレイ直前でも、簡単に最新データを書き込むことが可能です!

※当記事ではiOSでの操作を掲載しております。Androidの場合、お使いの端末により操作方法が異なることがあります。

①アプリを起動する

画像1

②ゴルフウォッチ本体と接続する
メニュー右上のマークをタップすると、接続画面が表示されます。
表示に従ってゴルフウォッチのPAGEキーを長押しすると、画面下側に機器名が出ますので、こちらをタップすれば接続完了です。

③メニューから「データ更新」を選ぶ

④ゴルフ場を選ぶ
まずは都道府県/国名をタップ。ゴルフ場のリストが表示されたら、更新したいゴルフ場名をタップしてください。

⑤更新する
ゴルフウォッチに書き込まれているデータより新しいバージョンがある場合は、「更新する」ボタンが表示されますのでタップしてください。数分で更新が完了します。

画像2

こちらの動画は、実際にプレミアム[カラーモデル]とiPhoneを使用した、コースデータ更新の様子です。

今回、アプリ起動から更新完了までにかかった時間は1分半でした。

更新が必要な時だけ「更新する」ボタンが表示されますので、ラウンド前日の夜にプレイされるゴルフ場をアプリからチェックしておくと安心です。

アプリからのデータ更新について、更に詳しくご覧になりたい方は、

⇒『ザ・ゴルフウォッチ プレミアム[カラーモデル]』データ更新ガイド

⇒『ザ・ゴルフウォッチ A1』データ更新ガイド

をご覧ください。

その他、アプリについてお困りのことがございましたら

⇒『GREENON』アプリ操作マニュアル もご活用ください!


ゴールデンウィークの陽気から一転、ここ2日間は急激に気温が下がっておりますので、週末のゴルフのためにも体調にはくれぐれもお気を付けくださいね。

『ザ・ゴルフウォッチ A1』にはウォーキングやランニングにも使えるロガー機能・歩数計機能もご用意しております。

平日の体調管理から、休日のゴルフまで、グリーンオンが皆様のお役に立てれば幸いです。

バナー

⇒『ザ・ゴルフウォッチ A1』詳細はこちらから

ウォーリーをさがせ!

皆様ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?

お休みを取って9連休を楽しんでいる方や、明日からのお休みでゴルフ三昧の方もいらっしゃると思います。

せっかくのお休みですし、連休を思う存分楽しみましょう!

さて、そんな私は先日、松屋銀座で行われている『誕生30周年記念 ウォーリーをさがせ!展』に行ってきました。

皆様は『ウォーリーをさがせ!』という絵本を知っていますか?

人がたくさん入り乱れた絵の中から、ウォーリーや仲間たち、小物の巻物などを見つけ出す絵本で、巻末にはウォーリー以外で探して欲しい人の一覧がページごとに載っているため、何度でも楽しめるような工夫が凝らされている作品です。

画像1

今年で30周年なんですね。ウォーリーの絵本は大好きなのですが知りませんでした。

画像2

中に入ると、さっそく歴代のウォーリーをさがせ!の表紙原画が展示されており、実際に細かいイラストが手書きで描かれて色を塗られていることに改めて驚いてしまいました。

ウォーリーは赤と白のボーダーの服、ボーダーのニット帽などを着用しているため見つけやすいと思いきや細かい絵の中から探すのは結構難しく、見つけづらいながらも見つけた時の達成感がハマるポイントなんだと思います。

また、絵の中にも登場しているメインではないキャラクターにも各々のストーリーがあり、小ネタが満載なところも面白いです。

画像3

原画自体は写真撮影が禁止でしたが、中には写真撮影OKなスペースがいくつかあり、ウォーリーの位置が原画とは異なるイラストが展示されていました。

画像4 画像5

*画像はクリックで拡大できます。

実はこの中にもウォーリーがいます。(海の写真ではウォーリーのガールフレンドのウェンダもいます。)もしかしたら見つけづらいかもしれませんが、ぜひ探してみてくださいね。

また、日本を舞台にした絵もあり、戦国時代の中にウォーリーがちゃっかり紛れ込んでいます。

画像6

その他に、テレビモニターで表示されているイラストから30秒以内にウォーリーを探す映像も流れており、体験型のアトラクションに参加しているみたいでした。

全ての展示を見終わった後には等身大(?)のウォーリーたちと一緒に写真が撮れるスペースがあり、こちらも長い行列ができておりました。

画像7

もともとこの作品が好きだったということもありますが、本当に子供から大人まで楽しめるような展示となっていて、とても楽しかったです。

 


 

『THE GOLF WATCH A1』には、ゴルフ機能であるGPSキャディーはもちろん、GPSロガーや歩数計機能なども搭載されております。

ぜひ自分好みの使い方を見つけてみてくださいね!

バナー

⇒『ザ・ゴルフウォッチ A1』詳細はこちらから

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1


ユーティリティ











2018年05月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

リンク

新着画像

新着エントリー

百里基地航空祭
2018/12/12 16:05
ゴルフ日本シリーズJTカップ
2018/12/05 10:00
グリーンオンアプリ
2018/11/28 16:07
犬の散歩
2018/11/21 10:00
今年最後のバラの花
2018/11/14 10:00

Feed